10月4日は天使の日(エンジェルの日)

《スポンサーリンク》

10月4日は天使の日

本日10月4日は”天使の日”に制定されているようです。

知らない方も多いと思いますが、かくいう私も本日初めて知りました。

いつもエンジェルナンバーを含め、天使さんたちにはお世話になっている身なので、今日はそんな天使の日の所以などについて掘り下げていきたいと思います。

10月4日は天使の日

日本ではなく、お隣の韓国では10月4日は天使の日として広く認知されているようです。この日がお誕生日だとラッキー!と思う人も多いようで、それほど韓国の人にとっては特別な日として捉えられています。

この日が天使の日となったのは、10月4日の発音に関係しているようです。

10月4日を数字だけで並べると1004。この1004は韓国語で『チョンサ』と発音するそうで、天使という単語も『チョンサ』と同じ発音をするため天使の日となったそうです。(wow!Koreaさん提供の情報より)

この日は一日天使が与える愛のように、隣人を愛していきましょう、分かち合いを実践していきましょうという趣旨があるようです。

また、日本でもエンゼルマークでおなじみの森永乳業によって10月4日は天使の日と制定されています。

10(てん)4(し)という語呂合わせから10月4日とし、日本の子供たちに天使のような笑顔をお届けたいという思いを込めて認定する運びになったようです。

いずれにしてもとても気持ちが温かくなる日ですね。みなさんもぜひ今日一日天使のように周りにいる人たちに感謝し、愛を分け与えてください。

エンジェルナンバーと天使の日

1004、または104としても数字の羅列で使われているものは1と0と4。

1は思考、考え方を示すもの。0は宇宙の源や起源を示すもの。そして4はまさに天使そのものを示す数字です。

これらのキーワードを組み合わせると、人々が天使について考えたり思いを馳せることで、宇宙の源(=愛)を体現していく日と解釈できます。

つまりエンジェルナンバーの観点からも10月4日は天使の日として説明がつくものとなっています。

《スポンサーリンク》

この世界に偶然はなく全ては必然

韓国語の発音で”チョンサ”と読むから、日本語の語呂合わせで”天使”と読むからと、一見すると偶然が重なりあって生まれたように思いますが、まさにこれらが合致するのも必然。

私たちの思考は国境を越えて繋がっています。まさになるべくしてなった日と言えるかもしれません。

みなさんも今日が天使の日と知ったなら、ぜひ自分の中にいる天使を言葉や行動を通して示してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《スポンサーリンク》
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ