ライトワーカーに友達がいない理由【ライトワーカーと社会との関わり】


ライトワーカーは友達がいないって本当?

ライトワーカーという役目を担う魂たちは、この地球をより良い場所にしたいと願い、この地にやってきました。

しかしライトワーカーというお役目を持っていたとしても、友達や知り合いと有意義な時間を過ごすこともできるはずです。

それにもかかわらず、ライトワーカーには友達がいない、または少ないと言われているのはなぜなのでしょうか。

というわけで、今日はライトワーカーに友達がいない理由についてお話ししていきたいと思います。

ライトワーカーに友達がいない理由

ライトワーカーとしてのお役目を持つ人たちは、一般的な人々に比べて友達が少なかったり、友達が全くいないというケースが多いようです。

時には友達の不在が、ライトワーカーに孤独や寂しさを感じさせる原因になりますが、ライトワーカーにとって一人でいる時間を確保することは非常に大事なことなのです。

友達と交流する時間よりも一人でいる時間を優先させたい。他人と一緒にいると、どうしてもエネルギーを消費してしまうため、一人の時間を作って、自分自身を充電させたいという思いもあるでしょう。

いずれにせよ、ライトワーカー自身が個人での行動を好んだり、一人でいる時間を求めるため、結果的に友達の数が限られてくるようです。

決して本人に魅力がないから友達がいないのではなく、友達を持つ必要性がないために、交流の機会を自ら制限しているということです。

ライトワーカーが一人で過ごしたがる理由

感受性が高いため、ネガティブな影響を受けやすい

ライトワーカーは感受性が高いために、人の気持ちにとても敏感です。そのため、周囲にいる人々の感情についつい影響を受けてしまいます。

ポジティブな感情だけなら良いですが、ネガティブな感情をも汲み取ってしまうために、どうしても人と一緒にいる空間ではエネルギーが消費されてしまう傾向があります。

そのため意識的に人と距離を取り、自身のエネルギーを充電させるのです。

思考の次元が高いため、周囲に理解されずらい

ライトワーカーの人々は五次元的な思考を持って、物事を捉えています。そのため三次元の思考を持つ一般的な人々との間に、考え方の点で摩擦を起こしてしまいがちです。

その結果、異端児扱いされたり、集団から疎外されることもあります。

しかしライトワーカーは五次元的な思考を手放すことができないので、他の人々に同調して馴染もうとするよりも、自分を貫いて人々の思考を高めようとするのです。

従来の組織形態や、権力に嫌悪感を感じる

ライトワーカーの使命の一つには”自由”を人々に伝えるということがあります。

そのため自由という考えに反するような組織や権力にはどうしても反発する気持ちが芽生えてしまいます。

みんなが自由に生きていけるような世界を目指しているため、ライトワーカー自身も組織に属することなく、フリーランスや個人事業主という形態で仕事に取り組んでいきます。

さいごに

この記事によってみなさんも、ライトワーカーが一人でいることを好むがゆえに、友達がいないということがわかったはずです。

きっとライトワーカーの中には、『どうして自分には友達がいないんだろう?』と思い悩む側面もあると思います。

しかし心の深いところでは、『一人でいた方が楽』『誰にも気を使わず、自由に行動できる時間が好き』という思いがきっとあるはずです。

そのためライトワーカーの人に対しては、友達がいないのではなく、友達を作らないというのが正しい表現かもしれません。

友達がいないことを悪いことだと捉えず、自分が心地良いと感じる選択をしていってくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ライトワーカーのグループ作りました!

ライトワーカーは一人を好む傾向がありますが、ライトワーカー同士で交流し合えるような場があってもいいのではないかと思い、ライトワーカーの憩いの場を設けてみました。

Facebookグループ『ライトワーカーの休憩所🛖』
https://www.facebook.com/groups/382480406831778

非公開のグループなので、入会を希望される方はFacebookよりリクエストを申請してください。

管理人サリーさんについて

SNSでも、みなさんの心がパァッと明るくなるようなスピリチュアル情報をお届けしています。

【Youtube】https://www.youtube.com/channel/UCbxgZEPTr9ACiWdiZx0dflg
【Twitter】https://twitter.com/morethansally
【TikTok】https://tiktok.com/@morethanever_sally
【Facebook】https://www.facebook.com/morethaneversally/
More Than EverのSNS情報

この記事を読んだあなたへのおすすめ

ライトワーカーは過酷な人生の場合も!?【ライトワーカーの特徴について】
ライトワーカーはいるだけで世界を変えている
ライトワーカーとして何をしていいかわからない人へ

     

18 Responses to “ライトワーカーに友達がいない理由【ライトワーカーと社会との関わり】”

  1. いづみ より:

    サリーさん、いつも励まされています。
    これからもコツコツ、自分の使命を
    喜びと愛で
    この時代と地球に生まれたことに感謝しつつ
    みなさんとひとつになって
    励んでいきたいと思います。
    サリーさんも
    国がちがっても心はひとつですね!

    • sally より:

      いづみさん、こんにちは。素敵なメッセージありがとうございます^^

      そうですね。心はひとつです^^ 

      私もいづみさんから元気をいただきました。

      これからもお互い人々のためにできることを頑張っていきましょう^V^/

    • yumi より:

      1月に元彼と別れ、その頃からスピリチュアルに感心が出てきました。ここ2ヶ月間でインナーチャイルドと向き合う中で毎日エンジェルナンバーを何回も見ていくうちに自分がライトワーカーなのかもと思うようになりました。友達も数人しかおらず何年も会っていませんし、昔から団体行動が苦手で過酷な生き方でした。今はシングルマザーとして奮闘していますが、辛い時は空を見ると穏やかになりますし、懐かしさを感じる感覚もあり不思議でした。まだ使命は分かりませんが、今は恋がいつも上手く行かず寂しいです。孤独感さら執着してしまっているので手放したいです。

  2. yun * より:

    こんばんは!sallyさん!
    エンジェルナンバーを言葉にして、分かりやすく解釈して下さってありがとうございます!
    さて、ライトワーカーという存在について知ったのは最近ですが、自分が当てはまる事も多くて、私はライトワーカーなのかしら?
    と悩む日々です。
    今自分自身が何をして、生きる目標もあるのかな?と考える時間が増えました。

    ライトワーカーという存在ではないかもしれません。
    でも、ずっと気になっています。

    • sally より:

      yunさん、こんにちは!!

      yunさんはライトワーカーかどうかわからずモヤモヤされているのですね。

      でも私の視点からすると、ライトワーカーという言葉が頭の中でひっかかることがライトワーカーである証明のように思います。

      ライトワーカーたちは人生の中で自分のお役目に気づく時が来ます。もちろんライトワーカーとしての自覚を一生持たないライトワーカーもいることでしょう。

      大切なのは”ライトワーカーとしてどんなアクションを起こしていくか”です。

      自分の為すべきことに集中していれば、自然と確信を持っていくと思いますよ^^

      • 滝澤陽子 より:

        本当に友達がいません。過去にはいたけれど、10年ほど前から次々と去っていかれました。
        ダメージを受けましたが、これを読んでホッとしました。
        アセンションを楽しみに、片思いだけど人々を愛して生きていきます。
        ありがとうございました。

  3. mashmaru より:

    sallyさん、こんにちは。

    新しいライトワーカーの記事、ありがとうございます。
    以前別のページでライトワーカーの特徴を書かれた記事を読み、そこでライトワーカーというものを初めて知りました。
    自分にも当てはまることが多くて今までずっと悩んでいたことに対して「だからか!」と答えを見つけた感じがしました。

    私は、社会人になって7年程経ってから、以前から付き合いをしていた友人たちと連絡をしなくなりました。
    当時はなぜ自分がこんなことをしているのか、自分でも理解ができずずっと悩んでいました。
    それでも、とにかく一人になりたくて、スマホすらもあたらない日々を過ごしていました。
    友人たちは急に私と連絡がとれなくなり、いったいどうしたんだと一時期かなり心配をかけてしまい、今思うと本当に申し訳なく思っています。
    とにかく一人になりたいとだけ伝えて、今もほとんど連絡を取ってませんが、親友だった子には年に数回連絡をとっています。
    職場が変わっても仲良くなる時はその時だけ。
    転職すると前の職場の人とは一切連絡をとってません。
    sallyさんが書かれていた「友達がいない=寂しいという図式は本当なのか、一度疑ってみることも大切です。」という文章に“確かに!”と共感するものがありました。

    今は一人でいる時間が何よりも自分にとっての休息であり必要不可欠です。
    そして毎晩星空を見るのが好きで、たまに天文台に行くこともあります。
    とにかく宇宙が大好きです。
    昔、家にいるのにボソッと「帰りたい」と吐き出したときがあって「いや、今家にいるし!」と一人ツッコミした時がありました(笑)
    もし自分がライトワーカーならば、自分にはこの地球で何ができるのか?これからの課題としてずっと考えて生きたいと思います。

    • サリー より:

      mashmaruさん、こんにちは。More Than Everのサリーです。サイトにコメントいただき、ありがとうございます。ライトワーカーの記事を読まれたのですね。とにかく一人になりたいという思い。とてもよくわかります。そして実際に一人になると、こんなに楽だったのかと驚く人もいるようです。それは家族を持っている人も同様です。ライトワーカーとして何ができるのか、見つかりましたでしょうか。でも行動としてアクションを起こしていなくても、mashmaruさんの存在自体によって、この世界は救われています。mashmaruさん、ここにいてくれてありがとう。そんな思いを持っている人も多いと思います^^意識的に自分の使命を見出したいならば、焦らずに、宇宙が導くままに従ってみてくださいね。きっとmashmaruさんにとってベストなタイミングで、それを知ることになると思います。タイミングは宇宙に任せて、その時を楽しみにしていてくださいね。サリー

      ※mashmaruさんは、ライトワーカーは友達がいないって本当?の記事にコメントしました。

  4. 4949 より:

    初めまして。
    50近いオッサンです。
    子供の頃から、いつも一人で友達もいませんでした。
    一人で居るほうが自分らしくて居心地がよくその反面、何故いつも
    一人にになってしまうのかなと思い続けておりました。
    「ライトワーカーは友達がいないって本当?」を拝見したら凄く
    腑に落ちてしまいました。
    ライトワーカーは分かりませんが、沢山の人に光を送りたいです。
    こちらのサイトに出会えて感謝しております。

    • サリー より:

      4949さん、こんにちは。More Than Everのサリーです。サイトにコメントいただきありがとうございます。お返事が遅くなってしまってごめんなさい。4949さんの沢山の人に光を送りたいという思い、それが何よりライトワーカーである証明のようにも思います^^その思いをぜひ表現していってくださいね。ひとりぼっちに感じても、自分と同じような人は沢山いることを知ってください。そしてそのような人たちも4949さんと同じように、光を送りたいと思い、その思いを行動に移しています。彼らと同じように地球への貢献を続けていってくださいね〜^^サリー

      ※4949さんはライトワーカーは友達がいないって本当?のページにコメントしました。

  5. ゆかり より:

    初めまして☆彡.。
    ライトワーカーと言う言葉を知って
    2、3年が経ちます。

    私は比較的友人は少なく
    1人は好きですが、独りは嫌いと言う矛盾があったりします(^◇^;)

    この記事を読んで正直に思ったのが
    「内容が全て私に当てはまる」と、言う所です。

    私は幼少の頃から宇宙や星座に興味があり
    昨年あたりから今年の初めにかけてでしょうか。
    やけに「宇宙に帰りたい!天王星に帰りたい!」と言う思いが強いのです(T ^ T)

    いわゆるホームシックってやつですかね(ノД`)

    私は色んな方々のお話やお悩みを聴いていますが
    「助けたい」と言う思いが強く
    その一心で耳を傾けているように思います。

    全ての人々に自由と希望の光がさしますように
    1人でも多くの方に笑顔になって頂きたい。

    そう願っております(*^^*)

    • サリー より:

      ゆかりさん、こんにちは。More Than Everのサリーです。サイトにコメントいただきありがとうございます。お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

      ゆかりさんはライトワーカーでしたか^^”1人は好きですが、独りは嫌い”というお気持ち、よくわかります。一人にして欲しいけど、一人にしないで〜という思いもあって、自分の中でもどっちなんだと思うこともあると思います。他のライトワーカーさんたちからもこのようなお話をいただきます。

      人々を助けたいという思いを行動にしてください。どんどん行動してください。ゆかりさんの愛をこの地球で表現してください。まさにその心意気がライトワーカーですね。ゆかりさんの温かいお気持ちは、きっと周りの人に伝わっていると思います。その調子で光の輪を広げていってくださいね^^

      ※ゆかりさんはライトワーカーは友達がいないって本当?のページにコメントしました。

  6. mihane より:

    昔から消して1人きりではないのに、自分だけが何故か皆の思いと違う気がして寂しく思うことが多くいつも皆の輪に入れずに弾かれているように感じてしまいます…。
    私が寄せ付けないのかな…?

    友人と呼べる人は恩人のような人がたった1人いますが、今は遠く離れていて会えません。幼少の頃の記憶がほとんどありませんがところどころを、ある日走馬灯の様な風景で思い出した一部の記憶があるだけです。私は変な子供でした。お昼時の公園で1人ブランコに乗っていました。何処からか私を呼ぶ声がしてキョロキョロと探している様子だったり、こぎすぎたブランコでこのまま手を離したら何処に行くのかなと思ったりしている自分がいました。
    家では大きな三面鏡の前に立ち自分の目の中にいるなにかを出そうと凝視しながら跳び跳ねています。そうすることで何かが見えていた様です。
    変な光景です…。ずっと忘れていた記憶の1部です。
    思春期にも、色々とありすっかり疲れ果ててました(笑)
    こんな暗い影がある私だから友達がなかなか出来ないんですかね…?ライトワーカーさん?とかよく分かりませんがその中に理解し合える人がいたら良いなとちょっと期待してしまいます。何処かで出会えたらなって…。

    • sally より:

      mihaneさん、こんにちは。more than everにコメントいただき、ありがとうございます。

      返信が遅くなってしまって申し訳ございません。

      mihaneさんは、寂しく感じるような経験をいくつかされてきたのですね。

      ライトワーカーとしてこの世界に生きてる人たちの中にもmihaneさんと同じように、寂しい思いを抱えていたり、孤独に感じる時間を持っていると思います。

      facebookなどにライトワーカーのコミュニティグループがあるので、そちらを積極的に利用してみてもいいかもしれません。

      参考までに〜^^

      mihaneさんはこちらのページにコメントしました。

  7. ゆりな より:

    こんばんは^_^

    最近眠れなくてエンジェルナンバー 見てたらここにたどり着きました。ライトワーカーなのかわかりませんが、自分でも変わってると思います。
    人間より動物が好きだし、常に、今一番優先なのは弱ってる人に時間を使いたい(例えばおばあちゃんの看病)と自然に思っています。その基準で考えると、従兄弟とかみるとみんな遊びすぎじゃない?と思ってしまいます。
    自分の感覚とまわりとの差に疲れちゃうときもあります。

    年々、周りが結婚しだしてからどんどんほんとの友達が減ってきたような気がします。
    結婚適齢期のような縛りが苦しいです。
    結婚、妊娠など寿なことはまあわかりますが、
    結婚してないと劣ってるように思えてストレスになります。

    親は世間体をすごく気にして八方美人なんですが、私は、我が道をゆく、といった感じで、世間体?くだらない。と言う感じです。

    ライトワーカーはうつにもなりやすいですか?

    • sally より:

      ゆりなさん、こんばんは。

      ゆりなさんは、自分の意志をしっかり持って、我が道を行くスタンスで生きてらっしゃるのですね。

      そんなたくましい姿に、勇気をもらっている人も多いと思いますよ〜^^

      さて、ゆりなさんからのライトワーカーは鬱にもなりやすいですか?という質問にお答えしたいと思います。

      ライトワーカーだから鬱になりやすいということはありません。

      しかしライトワーカーとして脱皮するまでの間(この世界が幻想だと気づくまでの間)、他人と自分を比較したり、自分の殻に籠りがちになることがあります。

      その際に鬱という形で、その体験を受け止める人もいるということです。

      参考になりましたでしょうか^^

  8. マイクロ より:

    私は、51才男性です。
    子供の頃や若い頃は、友達はたくさん作りましょうみたいな風潮で、ひとりぼっちは陰気な人のレッテルがあり苦労しました。
    友達をたくさん作ろうと努力しましたが、どうもほとんどの人と打ち解けられにくく感じました。
    人が大勢集まっている場所が苦手でした。
    集団に入ると集団は時には、マイナスの集団意識で行動するので、よく犠牲になったものでした。
    今は、一人を楽しんでいますし、後ろめたさもありません。

    このサイトに出会えて、感謝しています。ありがとうございました。

    • サリー より:

      マイクロさん、こんにちは。More Than Everにコメントいただき、ありがとうございます^^お返事が遅くなってしまってごめんなさい。マイクロさんのコメント、じっくり読ませていただきました。大勢集まる場所が苦手なこと、ひとりぼっちとして見られることへの恐れ。特に日本には、そういうことを感じている人が多いように感じます。マイクロさんはとても勇敢な人ですね。わたしもマイクロさんのように、自分の心に素直になって、それを行動に移せる人が増えていくといいなと思っています。

      かくいう私も、一人が好きな人間です。一人でどこの国にでも行ってしまいます。同じ一人好きとして、お互い心に正直に楽しんでいきましょうね。

      ※マイクロさんはライトワーカーは友達がいないって本当?の記事にコメントしました。

yumi へ返信する

サブコンテンツ

このページの先頭へ