ライトワーカーは友達がいないって本当?


《スポンサーリンク》



ライトワーカーの人々は、この地球をより良くしたいと自ら志願してこの星にやってきました。

光や愛、自由や知識を地球にもたらすことを使命として、彼らはこの生を捧げています。

ライトワーカーはその性質上、他の人々とは少し違った価値観を持っているため、友達との関わり方においてもその違いが出てきます。

しばし”ライトワーカーがお友達がいない、または少ない”と言われていますが、その理由を説明していきます。

ライトワーカーは友達がいない?

ライトワーカーの人々は、他の人に比べて友達が少なかったり、友達が全くいないというケースもあることでしょう。

時にはそれがライトワーカーに寂しさを感じさせる要因にもなりますが、彼らにとって一人でいる時間もまた重要なのです。

そのため必然的に友達と交流する機会が少なくなってしまうかもしれません。

孤独を感じることもあるかもしれませんが、一方で個人で行動する時間が好きだという自分にも気付くことでしょう。

しかしライトワーカーの人たちの魂は、この地球のルールや常識といった枠組みには収まりきらないほど大きなものです。

”友達は多い方が良い”という価値観にとらわれず、自分独自のスタイルを貫いていきましょう。

どうしてライトワーカーは一人で過ごしたがるの?

感受性が強くネガティブな影響も受けやすい

ライトワーカーは感受性が強く、人の気持ちにも敏感です。そのため、人々の感情に影響を受けてしまいがちです。ネガティブな感情をも彼らは影響を受けてしまうので、人がいる場ではエネルギーが失われていく傾向があります。自分のエネルギーを回復するために、彼らは一人でいる時間が必要なのです。

思考の次元が高いため、理解されずらい

他の人々と思考の在り方が異なるため、異端児扱いされたり、時には人から疎外されることもあります。その結果、一人になってしまうという場合もあります。しかしライトワーカーの本質である5次元的思考は、手放すことができません。彼らに同調するよりも自分を貫くことで彼らの思考を高めたいと望むので、ライトワーカーも一人でいることを選択してしまうのです。

従来の組織形態や、権力に嫌悪感を感じる

ライトワーカーの使命の一つである”自由”を人々に伝えるということ。これに相反するような組織、そして権力にはどうしても反発したくなってしまいます。そのような枠にとらわれず、みんなが自由に生きていけるような世界を目指しているため、組織に依存することを好みません。そのためフリーランサーや個人事業主など、一人で取り組めるような形を好みます。

《スポンサーリンク》

さいごに

ライトワーカーの人は、”なんで自分は友達がいないんだろう”と思い悩むこともあると思います。でも安心してください。ライトワーカーとしてこの星にやってきたのはあなただけではありません。

沢山のライトワーカーたちが、あなたと同じような悩みを抱えながら使命に取り組んでいます。

寂しいと感じたら、空を見上げてください。

夜空に輝く星の中に、あなたの生まれ故郷があるはずです。

それを思うだけで、心が温まるはずです。

また、この地球の人々の中にある”固定概念”にとらわれないことも大切です。

他人と比べたり、この世界の人たちの”こうであるべき”という思想にとらわれず、自分の心が求めるものを貫いてください。

寂しいと思ったときに、一人でいる時間を求める自分にも気付くはずです。

友達がいない=寂しいという図式は本当なのか、一度疑ってみることも大切です。

そして一人でいることで得られる自由や安らぎにも目を向けてみてください。寂しいけど、一人でいる時間で自由や自分を大切にする時間を手に入れることができているなと思うと、友達がいないことを肯定的にとらえられるようになるかもしれません。

この記事がライトワーカーの理解につながれば光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《スポンサーリンク》

     

4 Responses to “ライトワーカーは友達がいないって本当?”

  1. いづみ より:

    サリーさん、いつも励まされています。
    これからもコツコツ、自分の使命を
    喜びと愛で
    この時代と地球に生まれたことに感謝しつつ
    みなさんとひとつになって
    励んでいきたいと思います。
    サリーさんも
    国がちがっても心はひとつですね!

    • sally より:

      いづみさん、こんにちは。素敵なメッセージありがとうございます^^

      そうですね。心はひとつです^^ 

      私もいづみさんから元気をいただきました。

      これからもお互い人々のためにできることを頑張っていきましょう^V^/

  2. yun * より:

    こんばんは!sallyさん!
    エンジェルナンバーを言葉にして、分かりやすく解釈して下さってありがとうございます!
    さて、ライトワーカーという存在について知ったのは最近ですが、自分が当てはまる事も多くて、私はライトワーカーなのかしら?
    と悩む日々です。
    今自分自身が何をして、生きる目標もあるのかな?と考える時間が増えました。

    ライトワーカーという存在ではないかもしれません。
    でも、ずっと気になっています。

    • sally より:

      yunさん、こんにちは!!

      yunさんはライトワーカーかどうかわからずモヤモヤされているのですね。

      でも私の視点からすると、ライトワーカーという言葉が頭の中でひっかかることがライトワーカーである証明のように思います。

      ライトワーカーたちは人生の中で自分のお役目に気づく時が来ます。もちろんライトワーカーとしての自覚を一生持たないライトワーカーもいることでしょう。

      大切なのは”ライトワーカーとしてどんなアクションを起こしていくか”です。

      自分の為すべきことに集中していれば、自然と確信を持っていくと思いますよ^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ