ライトワーカーに友達がいない理由【ライトワーカーと人間関係】


ライトワーカーは友達がいないって本当?

ライトワーカーという役目を担う魂たちは、この地球をより良い場所にしたいと願い、この地にやってきました。

しかしライトワーカーというお役目を持っていたとしても、友達や知り合いと有意義な時間を過ごすこともできるはずです。

それにもかかわらず、ライトワーカーには友達がいない、または少ないと言われているのはなぜなのでしょうか。

というわけで、今日はライトワーカーに友達がいない理由についてお話ししていきたいと思います。

ライトワーカーに友達がいない理由

ライトワーカーとしてのお役目を持つ人たちは、一般的な人々に比べて友達が少なかったり、友達が全くいないというケースが多いようです。

時には友達の不在が、ライトワーカーに孤独や寂しさを感じさせる原因になりますが、ライトワーカーにとって一人でいる時間を確保することは非常に大事なことなのです。

友達と交流する時間よりも一人でいる時間を優先させたい。他人と一緒にいると、どうしてもエネルギーを消費してしまうため、一人の時間を作って、自分自身を充電させたいという思いもあるでしょう。

いずれにせよ、ライトワーカー自身が個人での行動を好んだり、一人でいる時間を求めるため、結果的に友達の数が限られてくるようです。

決して本人に魅力がないから友達がいないのではなく、友達を持つ必要性がないために、交流の機会を自ら制限しているということです。

ライトワーカーが一人で過ごしたがる理由

感受性が高いため、ネガティブな影響を受けやすい

ライトワーカーは感受性が高いために、人の気持ちにとても敏感です。そのため、周囲にいる人々の感情についつい影響を受けてしまいます。

ポジティブな感情だけなら良いですが、ネガティブな感情をも汲み取ってしまうために、どうしても人と一緒にいる空間ではエネルギーが消費されてしまう傾向があります。

そのため意識的に人と距離を取り、自身のエネルギーを充電させるのです。

思考の次元が高いため、周囲に理解されずらい

ライトワーカーの人々は五次元的な思考を持って、物事を捉えています。そのため三次元の思考を持つ一般的な人々との間に、考え方の点で摩擦を起こしてしまいがちです。

その結果、異端児扱いされたり、集団から疎外されることもあります。

しかしライトワーカーは五次元的な思考を手放すことができないので、他の人々に同調して馴染もうとするよりも、自分を貫いて人々の思考を高めようとするのです。

従来の組織形態や、権力に嫌悪感を感じる

ライトワーカーの使命の一つには”自由”を人々に伝えるということがあります。

そのため自由という考えに反するような組織や権力にはどうしても反発する気持ちが芽生えてしまいます。

みんなが自由に生きていけるような世界を目指しているため、ライトワーカー自身も組織に属することなく、フリーランスや個人事業主という形態で仕事に取り組んでいきます。

さいごに

この記事によってみなさんも、ライトワーカーが一人でいることを好むがゆえに、友達がいないということがわかったはずです。

きっとライトワーカーの中には、『どうして自分には友達がいないんだろう?』と思い悩む側面もあると思います。

しかし心の深いところでは、『一人でいた方が楽』『誰にも気を使わず、自由に行動できる時間が好き』という思いがきっとあるはずです。

そのためライトワーカーの人に対しては、友達がいないのではなく、友達を作らないというのが正しい表現かもしれません。

友達がいないことを悪いことだと捉えず、自分が心地良いと感じる選択をしていってくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ライトワーカーのグループ作りました!

ライトワーカーは一人を好む傾向がありますが、ライトワーカー同士で交流し合えるような場があってもいいのではないかと思い、ライトワーカーの憩いの場を設けてみました。

Facebookグループ『ライトワーカーの休憩所🛖』
https://www.facebook.com/groups/382480406831778

非公開のグループなので、入会を希望される方はFacebookよりリクエストを申請してください。

サリーさんSNSやってます!

SNSでも、みなさんの心がパァッと明るくなる「スピリチュアル情報」をお届けしています!

Youtube Twitter Facebook

More Than EverのSNS情報

18 Responses to “ライトワーカーに友達がいない理由【ライトワーカーと人間関係】”

  1. マイクロ より:

    私は、51才男性です。
    子供の頃や若い頃は、友達はたくさん作りましょうみたいな風潮で、ひとりぼっちは陰気な人のレッテルがあり苦労しました。
    友達をたくさん作ろうと努力しましたが、どうもほとんどの人と打ち解けられにくく感じました。
    人が大勢集まっている場所が苦手でした。
    集団に入ると集団は時には、マイナスの集団意識で行動するので、よく犠牲になったものでした。
    今は、一人を楽しんでいますし、後ろめたさもありません。

    このサイトに出会えて、感謝しています。ありがとうございました。

    • サリー より:

      マイクロさん、こんにちは。More Than Everにコメントいただき、ありがとうございます^^お返事が遅くなってしまってごめんなさい。マイクロさんのコメント、じっくり読ませていただきました。大勢集まる場所が苦手なこと、ひとりぼっちとして見られることへの恐れ。特に日本には、そういうことを感じている人が多いように感じます。マイクロさんはとても勇敢な人ですね。わたしもマイクロさんのように、自分の心に素直になって、それを行動に移せる人が増えていくといいなと思っています。

      かくいう私も、一人が好きな人間です。一人でどこの国にでも行ってしまいます。同じ一人好きとして、お互い心に正直に楽しんでいきましょうね。

      ※マイクロさんはライトワーカーは友達がいないって本当?の記事にコメントしました。

  2. ゆりな より:

    こんばんは^_^

    最近眠れなくてエンジェルナンバー 見てたらここにたどり着きました。ライトワーカーなのかわかりませんが、自分でも変わってると思います。
    人間より動物が好きだし、常に、今一番優先なのは弱ってる人に時間を使いたい(例えばおばあちゃんの看病)と自然に思っています。その基準で考えると、従兄弟とかみるとみんな遊びすぎじゃない?と思ってしまいます。
    自分の感覚とまわりとの差に疲れちゃうときもあります。

    年々、周りが結婚しだしてからどんどんほんとの友達が減ってきたような気がします。
    結婚適齢期のような縛りが苦しいです。
    結婚、妊娠など寿なことはまあわかりますが、
    結婚してないと劣ってるように思えてストレスになります。

    親は世間体をすごく気にして八方美人なんですが、私は、我が道をゆく、といった感じで、世間体?くだらない。と言う感じです。

    ライトワーカーはうつにもなりやすいですか?

    • sally より:

      ゆりなさん、こんばんは。

      ゆりなさんは、自分の意志をしっかり持って、我が道を行くスタンスで生きてらっしゃるのですね。

      そんなたくましい姿に、勇気をもらっている人も多いと思いますよ〜^^

      さて、ゆりなさんからのライトワーカーは鬱にもなりやすいですか?という質問にお答えしたいと思います。

      ライトワーカーだから鬱になりやすいということはありません。

      しかしライトワーカーとして脱皮するまでの間(この世界が幻想だと気づくまでの間)、他人と自分を比較したり、自分の殻に籠りがちになることがあります。

      その際に鬱という形で、その体験を受け止める人もいるということです。

      参考になりましたでしょうか^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ