1129のエンジェルナンバーの意味は『恐れを手放し明るい未来をイメージして』です


エンジェルナンバー1129の意味について

あなたには、ふと意識が向いた数字や繰り返し目に飛び込んでくる数字はありますか?

そのような数字があれば、エンジェルナンバーである可能性があります。

つまり天使たちが数字を介してあなたにメッセージを伝えているということです。

今回はエンジェルナンバーの中から1129の意味について紹介していきます!

1129のエンジェルナンバーの意味について

【1129を見た人へ】

理想の自分を捨てないでください。

もっと自由に、そして楽しく自分の未来を思い描いてください。

あなたにはやりたいこと、叶えたいことを形にできる力があるのです。

その力を信じて、自分の理想を貫いてください。

あなたが明るい未来を信じることで、

実際に生きるあなたの人生もそのように実現されていきます。

何が起こるかどうかわからなくても大丈夫。

まずは将来についてポジティブなイメージを持つことからスタートしましょう。

サリーからのアドバイス

あなたは先が見えないことや、漠然とした将来に不安を感じていたかもしれません。

そんなあなたの心の声を聞いて、天使たちが1129のメッセージを伝えているのです。

世界を嘆く前に、まずは自分の心の在り方を問うてみる。

あなたの心の中に、”どうせ自分なんて”、”あの人みたいにはなれない”

そのような思いがあったなら、まずはバッサリ捨ててみる。

そして新しい思いを自分の心に植え付けてみましょう。

こんな自分になれたら嬉しいな、幸せだな。

そんなイメージをどんどん膨らませてください。

現実に疲れていたのなら、美味しいコーヒーでも淹れて、

自分の理想を膨らませてみてください。

あなたが未来の想像にワクワクした時、あなたの現実が動き出します。

さいごに

1129のエンジェルナンバーには『明るい未来を思い描いてください。あなたにはそれを実現する力があるのです。恐れを手放し理想の世界を現実にしていきましょう。』という意味が込められています。

どんなこともあなたが想像したことが創造されているということを忘れないでください。

すべてはあなたの想像から始まるのです。

だからこそ将来のことに不安になったら、自分の在り方、心の持ち方を改めることが大切です。

今あなたが思っていること、考えていることが、あなたの未来になります。

未来から逆算して、自分のなりたい姿、なりたい気持ちに”今”なってください。

あなたの在り方が理想の姿とシンクロすることで、現実が理想に近づいていきます。

大事なのは、明るい未来をイメージして今この瞬間あなたの気持ちが高揚すること。

こんな風になったらいいな〜と想像して、気持ちがワクワクしたり楽しい気分になることで、

そのエネルギーが理想の未来を引き寄せます。

どんなことも”今”に集約されていることを忘れずに、再スタートを切っていきましょうね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

     

2 Responses to “1129のエンジェルナンバーの意味は『恐れを手放し明るい未来をイメージして』です”

  1. 松尾かほ より:

    サリーさんへ

    いつもサリーさんの
    エンジェルナンバーを
    楽しく
    利用させてもらっています!

    現実は過去の思考が想像してると知ってから、
    毎日今ここを味わって
    いい気分で過ごしています♪

    ひとつ解決方法がわからないことがあって、
    メール差し上げました。

    私は古家をオシャレに再生して賃貸に出しているのですが、
    なかなか入居者さんが決まりません。

    半年経過したこともあり、
    もう永遠に決まらない気すらしてきています(笑)

    このように作った現実を叶えたい方へ変えたい場合、
    どのように思考をつかったら良いと思われますか?

    入居者さんが決まったイメージをしても、どこかで無理だとか。不安になってしまいうまくいきません。

    サリーさんならどうしますか?

    不躾に質問をして恐縮ですが、
    お時間ある際にお返事いただけますと嬉しいです。

    • サリー より:

      かほさん、こんにちは。More Than Everにコメントいただき、ありがとうございます。かほさんは古家をリノベーションして賃貸されているんですね。ちょうど私も引っ越しを考えているので私の中でもホットなトピックでした。もし私がかほさんの立場で、不安が湧いてきていたら、できることをやり尽くすかもしれません。

      私はアイディアを形にするのが好きなので、そういう実験を楽しんでしまうと思います。最終目標は入居者さんをゲットすることですが、とにかく今できることを楽しんじゃう。まるでゲームのように。敵を倒すがごとくあらゆる手段を尽くす。賃貸業者に宣伝を任せていたのなら、自分でホームページ作ってYoutubeで動画も作っちゃう。自身のFacebookでも宣伝して、今度は自分がどんな思いでどんな人に向けてリフォームしたかを伝えちゃう。質問ボックスも作ってちょっとでもいいなと思う人の質問に答えてみる。自分の部屋のインテリアを持ち込んだり、家具のレンタルサービスを利用して、入居者さんが部屋に住んだ時のイメージをしやすくする。近所の美味しいご飯屋さん情報などをまとめた冊子を作って、内覧に来た人に渡す。などなど、とにかくできることを精一杯やって、それに夢中になってしまう。結果はどうでもいいと思える境地まで今できることに集中してやり尽くしてしまう。私だったらそういう風に切り替えて結果への執着を薄くすると思います。ゴールはあるけど、今やれることに熱中してしまう。常に今しか見てない状態を意図的に作り出しますね〜。参考になりましたでしょうか^^フフフ。サリー 

      ※かほさんは1129のページにコメントしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ