三位一体の意味とは?わかりやすく説明していきます!


godgod

キリスト教の教えとして、しばし使われる言葉である『三位一体』。

しかし三位一体はひとつの概念なので、いまいち意味がわかりにくいですよね。

そこで今回は三位一体についてわかりやすくまとめてみました!

三位一体って何だろう?と思っている人はぜひ参考にしてみてください。

《スポンサーリンク》

『三位一体』の意味とは?わかりやすく説明すると…

『三位一体(さんみいったい)』はキリスト教の教えの一つであり、キリスト教徒の人々の共通認識となっている概念です。

具体的には、一つの神が三つの姿になって現れるという考え方のことです。

三つの姿とは、父なる神(キリストの父)、イエス・キリスト、聖霊(スピリット)のことです。

神はこれら三つの姿となって現れますが、本質的には一人なのです。

このような神に対する考え方が『三位一体』になります。

『三位一体』の三位について

【父なる神】

父なる神は、天地万物の創造主であり、イエス・キリストの父にあたる人です。

イエス・キリストはもちろん、聖霊(スピリット)も父なる神から生まれ出たものです。

つまり、父なる神は『三位一体』の第一原因なのです。

聖書の中では”ヤハウェ”として紹介されています。

【イエス・キリスト】

父なる神から生まれた子供であり、すべての創造物に先立って生まれた人です。

私たち人間も”神の子”と呼ばれていますが、私たちは神によって造られたもの、創造されたものです。

一方イエス・キリストは、神自体から生まれ出た人であり、父なる神の唯一の子供です。

【聖霊(スピリット)】

聖霊は父なる神から出た神の霊であり、イエス・キリストを通して信者たちに注がれたものです。

聖霊(スピリット)は、”神の意志”や”エネルギー”などと形容されることもあります。

《スポンサーリンク》

『三位一体』は信じるもの

『三位一体』の三位は、それぞれ異なる時代に生まれた神の姿という訳ではありません。

いつの時代にも、3つ全ての姿を伴って神は存在していると伝えられています。

また、『三位一体』という考え方を知り、『”一人の神が三つの姿で現れている”ってことだけでしょ?だから何なの?』という人もいることでしょう。

しかし『三位一体』という考え方は理解するものではなく、信じるもの、真理として受け入れるもののようです。

そのため、『そういうものなんだな〜』くらいに思っていれば良いかもしれません。

この記事がみなさんの理解の助けになれば、光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ