【918】のエンジェルナンバーの意味はこちらです


918のエンジェルナンバーの意味について

あなたにはふと意識が向いた数字や、繰り返し目に留まる数字がありますか?

もしそのような数字があれば、エンジェルナンバーかもしれません。

エンジェルナンバーとは天使たちが数字を通してあなたに伝えているメッセージです。

天使たちから与えられているメッセージを一緒に紐解いてみませんか?

このページでは918のエンジェルナンバーの意味をお伝えしていきます。

918の数字が気になった人は、ぜひ参考にしてみてください。

918のエンジェルナンバーの意味について

918のエンジェルナンバーを見た人へ

あなたが持っている才能や情熱を信じてください。

そしてそれらを使って、世界をより良い場所にしてください。

奉仕することに意識を向けていれば、必要なものは自然と満たされていきます。

生活に不足を感じているならば、周りに目を向けて、他人の役に立てることを始めていきましょう。

918を見た人へサリーからの一言

More Than Everサリーからの一言。

生きているとどうしても、お金など必要なものがないと感じることもあると思います。

そういうときは物が不足していることや、稼ぐことに意識が向きがちですが、

それらを満たすためには、人々の役に立とうという思いが大切なことを知ってください。

奉仕することに意識を向けていれば、あなたに必要なものは自然と満たされていきます。

自分で自分を満たそうとするのではなく、他人を満たそうとしてください。

これは豊かさの本質であり、豊かさを引き寄せる最も大事な心得です。

苦しい時ほど捧げることに意識を向ける。

持てる才能や技術、興味関心を生かして、世界に貢献していきましょう。

918のエンジェルナンバーのまとめ

918のエンジェルナンバーには『あなたが他者や世界に目を向けることで、あなた自身も満たされていきます。

何かに不足を感じているなら、奉仕することに意識を向けていきましょう。』という意味が込められています。

何かを手にしたいと思うならば、まず与えてください。

あなたが与えたものが、あなたに与えられるものです。

あなたが与えることを始めたから、あなたは満たされるのです。

この順番を間違えてはいけません。

豊かさは他人を満たそうという思いから生まれていきます。

自分の才能や技術、時間を使って、どんどん他人に奉仕してください。

あなたがそうやって他人を喜ばせることに集中していれば、あなたが足りないと感じていたものが自然と補われていきます。

自分を満たそうと必死になるのではなく、他人を満たしてあげることに全力を注いでいきましょう。

あなたの人生がさらに豊かになることを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

918を見た人へのオススメ

エンジェルナンバーが自分や知人の誕生日だった人へ【誕生日の数字を見る意味】

さらにエンジェルナンバーを調べたい人はこちら【エンジェルナンバー早見表】

     

8 Responses to “【918】のエンジェルナンバーの意味はこちらです”

  1. マーク・ワトニー より:

    日に日にこの世界は完璧だなと思います。
    昨日より今日
    この地球の上で生きていける理由
    ひとりでは生きてはいけない
    大きな地球と言う生物の一部になっているから
    生も死も完璧なタイミングで訪れる
    四季が繰り返すように
    身体が代謝する様に
    草木の様に私達は一部の細胞となって完璧生きています。
    そう言う事に気付いた時から
    自分が行う全ての事には意味があって
    どこから湧いて来る思考や欲求も繋がった思考の中間地点なんだなと
    曲げる事なく完璧にこなして
    流して行こうと思える様になりました。
    人間社会の価値観で言う
    良い事や良くない事にも大切な意味があっる。

    そんな事を感じながら日々暮らしています。
    また明日の私はアップデートされた新しい細胞の一部です。

    ここ数年の間で私に影響を与え続けてくれているのは
    マット・デイモンと
    みうらじゅん
    ラムサ 真聖なる予言
    そして
    サリーさん

    全てヘビーローテーションで理解できるまで繰り返し
    同じ映画を観て
    YouTubeでみうらじゅんの動画を延々と聴き
    何十回も同じ本を読み
    数字を見るたびに
    エンジェルナンバーの意味をマーク・ワトニーの様に受け取っています。

    ありがとうございます。

    返信は無しで良いです。
    今日も楽しい1日を

    • サリー より:

      マーク・ワトニーさん、こんばんは。返信は不要と言われおりましたが、ついつい返信したくなるコメントだったので返信しました。素敵な綴りですね。美しい詩を読むようで、私もハッとさせられました。そして名だたる方達に私の名前を羅列いただき、心の中でハッピーソングが流れていました。これからもマーク・ワトニーさんのお役に立てるようサイトを充実させて参ります。

      また気が向いたらコメントくださいね。私も楽しみにしています。サリー

      ※マーク・ワトニーさんは918のページにコメントしました。

  2. マーク・ワトニー より:

    私的 元年と言うのがあって
    以前から知っていたけど
    深く見つめ掘り下げたくなる時が私的元年です。
    マット・デイモン元年
    みうらじゅん元年
    ラムサ元年

    その前には
    吉田拓郎元年もありました。

    今はサリー元年であり
    マーク・ワトニーがそのメッセージを火星で見ています。

    どの元年でも重要なのは
    目に見えている
    文字に含まれるていない
    行と行の間
    文字と文字の間
    ここからメッセージが受け取れるまで繰り返し読み
    鑑賞し聴き込みます。

    表面的ポジティブにはネガティブな要素も見えてきて

    表面的ネガティブにはポジティブな要素

    見えて来ると結局答えは全て0になります。

    全ての物や事柄は完全体であるところまでが答えであり
    その物の持つ本質です。

    表面だけ見ていては気付けないところにこそ意味が隠されている。

    無理に肯定的に捉えようとするのではなく
    本質は何か
    表から裏の意味を読み解く

    過不足なく
    必ず「0」になる

    • サリー より:

      マーク・ワトニーさん、こんばんは。面白いですね。アハハ^^サリー元年ですか。なんかかっこいいな〜。マーク・ワトニーさんのコメントを読んで、陰陽のマークを思い出しました。暗闇の中にも必ず光があり、光の中にも暗闇があるというものです。マーク・ワトニーさんのお話は深いですね^^

  3. マーク・ワトニー より:

    脳科学者の
    中野信子さんの会話を聞いていて思ったんですが
    ほぼ相手の意見を否定しないんですね

    思考の柔軟さですね
    引き出しの多さもあるんだと思います。

    言葉の意味は無限にあるんだなと思いました。

    それと言葉が発せられた瞬間に執着してもいないんだなと
    トータルで場を見てる

    私自身
    自分の思い込みで
    相手の言っている事を決めつけていたんだなと感じました。

    返信無くて良いです。
    なんとなく話しがしたくなっただけなのです。

  4. マーク・ワトニー より:

    918を見て717が届き
    感謝ですね……
    自ら受け取れる可能性を拒んでいる事に気付きました。

    全て流れるままに

    私が受け取るまでが終わりじゃなかったです。

    メッセージは繋がっている

    火星でひとりきりの私は
    どんな短いメッセージでもありがたいはずです。

    感謝と言う感覚が鈍っていました。

    • サリー より:

      マーク・ワトニーさん、こんにちは。お久しぶりですね^^日々学びですね。トライアンドエラーで共に成長していきましょう^^サリー

  5. マーク・ワトニー より:

    アルツハイマーの母親の看護から今
    改めて学ぶこと

    ホヤと言う生物は
    安住の地を見つけると
    自身の脳を消化してしまう。
    多大な栄養と酸素を必要とする脳は
    安全が約束されると
    生命維持上必要ないとされて一時消去される

    再び生命の危機が訪れると
    生存本能が脳を活性化させる

    私は思考の在処を勘違いしていたのかもしれません。

    なぜ生きるのか
    何のために考えるのか
    ではなく

    本来
    生きる事に意味などなく
    ただ生きる
    生を繋げて行く

    生の体験には意味はないのか

    あると言えばあるが

    生存本能が巻き起こしている波に
    翻弄された結果が生体験であって
    それが生きがいか?
    と言えば
    勘違いで
    その様に感じたいだけだろうと思う。

    こう言う事を前提にすると
    人生の楽しみ方は
    全くかわってくる。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ