505のエンジェルナンバーの意味は『思考の中心に神を置きましょう』です

あなたにはふと意識が向いた数字や繰り返し視界に飛び込んでくる数字はありますか?

そのような数字はエンジェルナンバーと呼ばれ、天使たちからのメッセージが込められていると言われています。

505には天使たちからのどんなアドバイスが含まれているのでしょうか。

今回は505のエンジェルナンバーの意味について紹介していきます!

505のエンジェルナンバーの意味

【505を見た人へ】

神をあなたの思考の中心に位置付けたか、これから位置付ける必要があることを伝えています。

すでにあなたの中心に神がいれば、ありとあらゆるものが変化していくことでしょう。

この変化はあなたの祈りに対する神からの応えです。

思考の中心が自分や他人など神以外のものになっている場合は、すぐに神を中心に置いてください。

そうすることで、あなたの人生はより良い方向へ素早く変化していくことでしょう。

神を思考の中心に置くとは?

神を思考の中心に置くということは、神の心をもって物事を考えたり判断したりできる状態を指します。

とてもニュートラルな状態であり、私たちが魂の存在として本来取るべき思考形態になります。

神を思考の中心に置いている人は、損得や利害、自他からのジャッジから解放された愛のある行動を取ることができます。

しかし、神を中心に据えることができる人はそう多くはありません。

思考の中心に『自分』がいる人は、自我が強く、傲慢で、人を見下すような人間になります。

思考の中心に『他人』がいる人は、人からどう見られるかを気にして、常に人の判断に流されてしまいがちになります。

思考の中心に『金銭』がある人は、何事も損得勘定で判断し、富で人の価値を計る人間になります。

『魂を浄化するスピリチュアルヒーリング』より

あなたの思考の中心には何がありますか?

普段の自分の思考や行動を振り返り、思考の中心にあるものについて考えてみてください。

テレビで話題沸騰中!「星ひとみ」の天星術を無料で試してみる

まとめ

505のエンジェルナンバーには『思考の中心に神を置いてください。そうすることであなたを取り巻く様々なことがより良いものへ変化を遂げるでしょう。』というメッセージが込められています。

すでにあなたの思考の中心に神がいるならば、あなたに起こる変化をありがたく受け止めてください。

思考の中心にあるものは一定ではなく、ちょっとした変化で揺らぎやすいものです。

そのため常に意識して神を据えることが大切なのです。

どうかみなさんの中心にも神がありますように。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

願っていることを確実にしたい人へ

・片思いの相手との恋を実らせたい

・浮気や不倫、複雑愛でも結ばれたい

・結婚して幸せな家庭を築きたい

・世界で活躍するような人間になりたい

・円安とか関係なくリッチでいたい

占いは「情報」という一つの武器であり、利用するもの。願っていることを、確実にするための「ツール」です。

あなたの近未来を読み解くことで、ベストなタイミング、取るべきアクションが見えてきます。

占いというサポートを使って、キラキラな人生を叶えてみてください。

→特典を使って無料で占う

願いを叶える人生を歩む

今、あなたに必要なメッセージを占います「無料特典付き」
今、あなたに必要なメッセージを占います「無料特典付き」

続きを見る

エンジェルナンバー早見表
エンジェルナンバー早見表

続きを見る

サリーさんSNSやってます!

SNSでも、みなさんの心がパァッと明るくなる「スピリチュアル情報」をお届けしています!

Youtube Twitter Facebook

More Than EverのSNS情報

9 Responses to “505のエンジェルナンバーの意味は『思考の中心に神を置きましょう』です”

  1. えりさん より:

    「神を中心に置く」という意味がよく分からなかったのですが、
    何度か読み返しているうちに
    なんとなく分かってきました。

    ありがとうございます♪

    • サリー より:

      えりさん、こんにちは。神を中心に置くとは、もっとわかりやすく言うと、神の目線で物事を考えるということです。無条件の愛を持って、現実に向き合っていく。そんな感じですね。えりさん、いつもありがとうございます。

  2. えり より:

    808のエンジェルナンバーの補足から来ました。

    神を中心に置くという表現がステキですね✨

    ありがとうございます

    • サリー より:

      えりさん、こんにちは。お褒めいただき嬉しいです。言葉を紡ぐ者として、えりさんのお言葉についついニヤリとしてしまいました。こちらこそありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ