2の数字の意味や縁起の良し悪しについて。


09

数字にはひとつひとつ意味があります。

そしてその意味を読み解くことで、天使からのメッセージ(エンジェルナンバー)を受け取ることができます。

『2』という数字にはどんな意味があり、縁起的にはどうなのでしょうか。

今回は『2』の数字の意味と縁起の良し悪しについて紹介します!

《スポンサーリンク》

『2』の数字の意味とは

【『2』のエンジェルナンバーの意味】
信じる心と前に進む勇気を持ちましょう。

あなたの祈りはまだ現実として見えなくとも、形になりつつあります。

【『2』の意味は調和と統合】
物事は相反する二つのものから成り立つという『二元論』の考え方のベースとなる数字です。

“善と悪”、”男と女”、”隠と陽”などの対になるものが両方存在し、それらが合わさることでひとつになる、つまり調和や統合を表します。

また、全てを包むイメージから、包容力や受動性をも意味します。

『2』は縁起が悪い数字!?

『2』は偶数であり、割り切れる数字であることから日本ではあまり好まれる数字ではありません。

二つのものが統合して一つになるという意味のほかに、二つが分裂し対立や戦争など拮抗する対であるという意味もあります。

『2』は分かれる、切れるというイメージから、ご祝儀などの金額も2万円ではなく3万円と奇数になっているのです。

『2』は中国では縁起の良い数字!?

中国では日本と異なり、『2』は縁起の良い数字として捉えられています。

左右対称であったり対になっているものは、中国では好まれるため偶数の方が良い印象があるようです。

『2』は中国語で”和諧”(調和がとれている)の意味があり、偶数の中でも特に好まれているそうです。

ちなみに同じ偶数でも『4』は縁起の悪い数字として意味付けられているそうです。

日本同様に、『4』は”死を連想させる”というのが理由のようです。

《スポンサーリンク》

まとめ

『2』という数字のエンジェルナンバーとしての意味は、『信じる心を大切にしてください。そうすることであなたの望みは現実のものとなります。』です。

そして『2』が本来もっている意味としては、『統合と対立』になります。

二つの対になっているものがくっついて一つになれば良い意味になり、離れてしまえば悪い意味として捉えられているようです。

一つの数字ですが、二つの相反する意味が込められているため、受け取り方によって意味が正反対となります。

その結果、日本では縁起の悪い数字として、中国では縁起の良い数字として意味付けられているのでしょう。

このサイトではあらゆる数字の意味について紹介しています。

気になる数字があれば、ぜひ数字の一覧表より探してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ