ツインソウルとは何?【スピリチュアル用語について知ろう!】


魂のグループにはいくつかネーミングがあり、ツインソウルもまた一つの魂の定義になります。

ツインというからには、二つの魂という意味なのかな〜となんとなく理解している人も多いことでしょう。

そこで今回は、「ツインソウルって何?」と思っている人にツインソウルの意味について説明していきます。

《スポンサーリンク》

ツインソウルとは何?

ツインソウルとは、魂の片割れのことです。

魂の中には、地球に降り立つ際に二つの魂に分かれて肉体に入るものがいます。

二つの魂に分かれて、それぞれが異なる経験をすることでより多くの学びを得ることができるからです。

そして、そのように二つに分かれた魂のことをツインソウルと定義しています。

ツインソウルの再会

地球に降り立つ前に二つに分かれた魂に、人生の中で再会することもあります。

もちろん自分の片割れが誰に宿っているのか、またいつ出会うのかはわかりません。

また、ツインソウルとして生まれてきても、再会しないケースもあります。

ツインソウルと出会うのかどうか、どのタイミングで会うのかなどは、全ては宇宙の采配(さいはい)によって決められているのです。

つまりこの地球をより良くするために再会することが必要ならば、宇宙はそのようなシナリオを描くのです。

ツインソウルの特徴

一般的には男と女の組み合わせで生まれてくることが多い

性格が真逆なことが多い(性質も二分されているので、異なる側面を持っている)

誕生日や住んでいた場所など共通点がある

手や爪など見た目が似ている部分がある

一緒にいると心が落ち着いたり、懐かしさを感じる

《スポンサーリンク》

さいごに

ツインソウルに再会すると、お互い相手に強烈に惹かれあってしまうと言われています。

理性や常識を抜きにして、感情が一人歩きしているような感覚を体験する人もいることでしょう。

また、ツインソウル同士の愛は、この星の3次元のルールを超えた絆があります。

ツインソウルの出会いはお互いにある程度学びを終えた後に出会うと言われているので、30代〜40代以降に出会うことが多く、片方、または双方が既婚者であったり、子供がいる可能性もあります。

しかし結婚制度というのはこの世界のシステムであるので、魂の次元ではその制度さえも飛び越えて深い愛を紡ぐことができるのです。

出会った後の二人の関係性は様々です。恋人や生涯の伴侶になる場合や、ビジネスパートナー、親友などになるケースもあるようです。宇宙の意思とお互いの魂の意思によって、その方向性は異なってきます。

ツインソウルに出会えるのは奇跡のような確率なので、出会えた人はその奇跡に感謝し、地球の未来のために愛を広めていってくださいね。

この記事がお役に立てたなら光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《スポンサーリンク》

     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ