コロナウィルスに秘められた567のメッセージ

《スポンサーリンク》

the earth

中国の武漢から始まり瞬く間に世界に広まったコロナウィルス。コロナという聞き慣れなかった言葉が、今ではあらゆるメディア、人々の会話を通して自身の耳に入ってくると思います。

それはつまりあなた自身、そして地球上の全人類に向けた共通のメッセージなのです。

なんとなく先が見えない状況に不安を感じている人が多いと思いますが、567のメッセージに耳を傾け未来を見据えていきましょう。

コロナは567のメッセージ

エンジェルナンバーに親しみを感じているみなさんはご存知かと思いますが、繰り返し自身に示されているナンバーは、宇宙からあなたに向けられた大切なメッセージです。

そして今、コロナという言葉から567のメッセージがあなただけでなく世界中の全ての人々に放たれています。

つまりそれは私たち人類が共通して認識すべき事柄があるということなのです。

では一体、567にはどんなメッセージが込められているのでしょうか。早速紐解いていきましょう。

宇宙からの567のメッセージ

パチパチパチ。

あなた方に大きな大きな拍手を送ります!!

あなたたちは地球という物質世界について正しく理解し、その仕組みの本質に到達しました。

この世界において必要なものを手にいれる方法をあなた方はすでに習得しているのです。

あなた方が今ここに達することができたのは、新しい行動を選択した結果です。

こんなに素晴らしいことはありません。

この機会を大切にし、次なるステージへと進んでいきましょう。

《スポンサーリンク》

567のメッセージの更なる解釈

5は変化、古いものが失われ新しいものが生み出される暗示。6は地球、お金の象徴または目に見える物質的なものを意味します。7は正しい道、方向性が間違っていないことを知らせる喜ばしい知らせです。

つまりそれらを集約すると、変化が起きることで地球が良い方向、本来あるべき姿へと移り変わっていくというメッセージになるのです。

コロナウィルスという捉えどころのない恐怖が世界を覆う中、今フツフツと人々の中から共生、協力の輪が広がっています。ワンネスにつながる愛の選択、行動をする人々が増えているのは、まさに宇宙が伝えている新しい行動という意味なのではないでしょうか。

国境や人種、宗教や性別を超えて、皆がひとつになる時です。

ウィルスの蔓延が著しい国々や人々を非難したり差別している場合ではありません。発生源が中国かアメリカかとなすりつけの喧嘩をしている場合でもありません。

自分さえよければいい。自分の国さえ助かればいい。そんな考えをもう捨てるべき時に来ています。

国という概念を取り払い、地球人という枠組みで考えていくべきなのです。

個人のレベルで言えば、買いだめという行動をやめるべきです。自分さえ、自分の家族さえよければいいという考えを捨て、今必要な分だけあればいい、それ以上は必要な人に届くよう配慮する。

それが正しい本来ある人の姿ではないでしょうか。

自分の利益よりもまずはみんなの命を考える。そのような取り組みの先にこれまでよりもさらに素晴らしい地球が待っていることでしょう。

その時までこの大きな変革を皆で乗り越えていきましょうね。

《スポンサーリンク》
     

4 Responses to “コロナウィルスに秘められた567のメッセージ”

  1. Saturn より:

    サリーさん、ありがとうございます。ナンバーが私たちに示してくれているメッセージが心に温かく広がりました。大きな気づきをもたらしてくださったことに感謝します。私たちすべてが、この局面を乗り越えた先に、すばらしい未来を迎えられることを信じています。

    • sally より:

      Saturnさん、こんにちは。早速コメントいただきありがとうございます。そしてとても光栄に思います。はい、共に素晴らしい未来を選択し、その道を歩んでいきましょう!ありがとう、Saturnさん!

  2. UKMK より:

    いつもエンジェルナンバーに癒されています。コロナ/567のメッセージも温かな眼差しと力強い導きですね‼︎素晴らしい叡智と氣付きを与えていただけた事に感謝します。
    今日も佳い一日に♬

    • sally より:

      UKMKさん、こんにちは。More Than Everにコメントいただき、ありがとうございます。どういたしまして。ご覧いただけたこと、そしていつもエンジェルナンバーでこのサイトに訪れてくださっていること、とても嬉しく思います。こちらこそ感謝、感謝です。

      ※UKMKさんはこちらの記事にコメントしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ