コロナは整形のチャンス!?自粛期間中に美容外科に走る人たち。


コロナは美容整形のチャンス!?コロナ禍に整形に走る人たち。

みなさん、こんにちは。久しぶりにブログを書きます、サリーです。

読者のみなさんは、自粛期間中どのように過ごされていますか?

わたしはみなさんへのコメント返しや新しいナンバーの記事を作ったりと、やることがいっぱいありますので自粛期間中も変わりなく楽しくサイト作りをしています。

自粛期間、みなさんは楽しめていますか?

今日はそんな話をしたいと思います。

コロナをチャンスにできる人たち。

コロナによって自粛が求められる今、美容整形をする人たちが増えているという話を聞きました。

整形後はダウンタイムといって、腫れなどが落ち着くまでにある程度の日数を要します。

しかし自粛期間中は家にいればいいので、人と会わなくていい、仕事はリモートワークでこなせるということで、これまで整形をするタイミングを見計らっていた人もここぞとばかりにメスを入れているようです。

美容目的で医療従事者の手を煩わせる(わずらわせる)のはどうなんだとかそういう議論はさておき、自粛期間を前向きに活かそうとする姿勢はとてもいいなと私は思いました。

自粛で何もできないと考える人より、自粛する今だからこそできることを考える、とても明るい姿勢です。

ピンチはチャンス。みなさんも家にいることをチャンスにしてみてくださいね。

物事は中立に存在している、それはコロナも然り。

この世界のすべての事柄は中立に存在しています。

つまり物事には元来良いも悪いもなく、ただ存在しているということ。

そしてそれを良いもの、悪いものとしているのは、人々の考えや常識、概念です。

なのでもし物事に憤る(いきどおる)ことがあるならば、自分の中にある考えや信じている概念を変えてください。

物事があなたを憤らせることはできません。

あなたの受け止め方、解釈があなたを憤らせているのです。

コロナに対しても同様で、自分の生活を制限させた悪いものと捉える人は悪いものとし、自分を見つめ直す時間を与えてくれたものと捉える人は良いものとすることでしょう。

どちらの解釈でもいいのですが、それによって自分の心が嫌な気持ちになるならば、考え方を見直してみてください。

さいごに

外に出る時はマスクをしていても怪しまれないし、基本家にずっといればいいし、この期間を整形のチャンスにする人が増えているのも頷けます。

私の知人もシミ取りレーザーをして顔にいくつかかさぶたがある状態ですが、リモートワークで仕事仲間や意中の相手にもバレる心配がないので良かったと言っていました。

みなさんは、コロナという出来事をどんなチャンスに変えますか?

状況に流されるのではなく、状況を自分のために利用してください。

すべてはあなたの世界であり、あなたの中のゲームです。

自分が思いっきり楽しめるように、発想の転換をして人生を味わい尽くしてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

     

4 Responses to “コロナは整形のチャンス!?自粛期間中に美容外科に走る人たち。”

  1. RIRI より:

    いつも心から共感できます。本当にありがとうございます。

    • サリー より:

      RIRIさん^^コメントありがとうございます^^どんな状況でも気分アゲアゲで自分の人生を楽しみましょう♪

  2. えりさん より:

    コロナで自粛して家にいた時、
    少しだけ死を覚悟しましたが、
    お陰様で覚醒をするという選択をすることができました。
    コロナはいろいろ物質的にも精神的にも変わった人が多いと思います。
    ありがとあございます。

    • サリー より:

      えりさん、こんにちは^^そうですね。コロナによって価値観がさらに多様化され、認められるようになってきましたね^^

サリー へ返信する

サブコンテンツ

このページの先頭へ