123の天使の数字の意味(エンジェルナンバー)とは?




天使たちは”何かを象徴するもの”を利用して、私たちにメッセージを伝えています。

その中でも数字はしばし活用され、巷ではエンジェルナンバーと呼ばれています。

123には天使たちからのどんなメッセージが込められているのでしょうか。

今回は123の天使の数字(エンジェルナンバー)の意味について紹介していきます!

123のエンジェルナンバーの意味について

【123を見た人へ】

人生をシンプルにしましょう。

あなたの目的から逸れている物を一切手放しましょう。

それらは今、あなたにとってエネルギーや時間、経済的な負担となっていることでしょう。

アセンデッドマスターたちが、あなたの身の回りの整理を手伝っています。

あなたに相応しくないものや、不必要なものは全て手放しましょう。

仕事に関しても、人に任せられることはどんどん人に任せていきましょう。

そして時間や空間に余裕を作るようにしましょう。

余裕を作ることで、そこに新しいものや機会がやってくるでしょう。

アセンデッドマスターとは

アセンデッドマスターは、時代や宗教、文化を超えて名を馳せた聖人や偉人のことです。

彼らは人間として地上で生活をした後、天界の住人となりました。

崇高な魂をもっているため、スピリチュアルな存在として私たちが人生の目的を達成できるようサポートしています。

代表的なアセンデッドマスターには、イエス・キリスト、ブッダ、釈迦、観音、マザーテレサなどがいます。

アセンデッドマスターについてより詳しく知りたい方はこちらの記事も参照ください。

123のエンジェルナンバーのまとめ

123には『あなたの人生をシンプルにしましょう。目的を果たすために不必要なものは一切手放しましょう。そうすることで、時間やエネルギーに余裕が生まれ、新たなものや機会がやってきます。』というメッセージが込められています。

つまり123はリセットの時なのです。

必要なものと不必要なものを区分し、本来の目的を達成するために障害になっているものを取り除きましょうということです。

不要なものがあったスペースが空くことで、そこに新たな風が吹き込みます。

そのため123は新しい機運がやってくる前触れでもあります。

身の回りをスッキリさせて、新たな機運を迎え入れましょう。

この記事がみなさんにとって、最高の気付きとなれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

123を見た人へのオススメ

エンジェルナンバーが自分や知人の誕生日だった人へ【誕生日の数字を見る意味】

さらにエンジェルナンバーを調べたい人はこちら【エンジェルナンバー早見表】

     

10 Responses to “123の天使の数字の意味(エンジェルナンバー)とは?”

  1. かー より:

    パワーをもらいました。
    人ってすごいですね!
    ありがとうございます!

  2. IKUMI より:

    いつもこのサイトのエンジェルナンバー見て、勇気・希望をもらってます。
    ありがとう!

  3. ツキノワグマ より:

    ありがとうございます。

    今、大事だからと握りしめているあの事が、もしかしたら不必要なのでしょうか?

    • sally より:

      ツキノワグマさん>思い当たるものがあるのですね。ピンと来たものがあれば、それが答えかもしれません^^

  4. まあ より:

    ほんとうに、天使さんと会話できるようになってるみたい?

    その時みるエンジェルナンバーがぴったりなのです!

    ありがとうございます!びっくりです!

    • sally より:

      まぁさん、こんにちは。ありがとうございます。

      まぁさんにメッセージを受け取る準備がしっかりできていることもそれを可能にしているんだと思います^^

      その調子で、上手にエンジェルナンバーを取り入れていってくださいね。

  5. 匿名 より:

    いつもこのサイトを見て気づきを頂いています
    更新だって簡単で無いでしょうに
    素敵なサイトを作ってくださってありがとうございます
    いつも応援しています

    • サリー より:

      匿名さん、ありがとうございます。匿名さんのメッセージに励まされました。これからもお力になれるよう温かいサイトを作っていきたいと思います。

  6. John より:

    ほぼ毎日、エンジェルナンバーを目にするようになり、意味を確認させていただいています。このサイトを作ってくださり本当に感謝です。

    • サリー より:

      Johnさん、こんにちは。ありがとうございます。そう言っていただけて、わたしも大変嬉しく思います^^こちらこそありがとうございます。

IKUMI へ返信する

サブコンテンツ

このページの先頭へ