11のエンジェルナンバーの意味はこちらでーす!


34211

天使たちは”何かを象徴するもの”を使って、私たちに日々メッセージを発信しています。

その中でも数字はしばし活用され、巷ではエンジェルナンバーと呼ばれています。

11には天使たちのどんなメッセージが込められてるのでしょうか。

今回は11のエンジェルナンバーの意味について紹介していきます!

《スポンサーリンク》

11のエンジェルナンバーの意味

繰り返し浮かんでくるアイディアに注意を払ってください。

あなたの思考の現実化が早まっています。

あなたが考えていることは瞬く間(またたくま)に現実のものとなります。

そのため自分や他人の今の状況について良いことだけに心を集中させていきましょう。

そうすることで、あなたにとって好ましい結果となるでしょう。

1のエンジェルナンバーの意味

考えることを一度ストップしてみましょう。

判断したり、迷いの答えを見つける作業から離れてみましょう。

そしてあなたの胸に手を置いて、あなたの望みを思い出してみましょう。

想像するだけでワクワクしてしまうことは何ですか?

心の底から欲しいと思えるものは何ですか?

恐れずにあなたの求めるものを目指していきましょう。

私たち天使は常にあなたの傍にいます。

そしてあなたを守り導いています。

あなたが歩き出せば、私たちもあなたと共に歩いていきます。

輝かしい未来を信じて、前へ進んでいきましょう。

《スポンサーリンク》

まとめ

11の数字には『あなたの思考の現実化が早まっています。あなたが考えていることはすぐに現実のものとなります。そのため思考にしっかり注意を払い、求めるものだけを考えるようにしましょう。』というメッセージが込められています。

常に現実は思考やアイディアから始まります。

あなたが考えたことはすべて現実となるのです。

良いことを考えれば良い現実を、悪いことを考えれば悪い現実を引き寄せます。

あなたの人生をより素晴らしいものにするために、常に前向きな思考を持つことを心がけましょう。

前向きな思考があなたの未来を幸せにするのです。

ネガティブな感情が湧いてきたら、すぐさまその感情を手放し天使たちに委ねましょう。

天使たちはそれを癒し、あなたが前向きな思考を取り戻せるよう尽力してくれることでしょう。

この記事があなたにとって最高の気付きとなれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

     

7 Responses to “11のエンジェルナンバーの意味はこちらでーす!”

  1. みい より:

    1144の意味は、11と44の両方を見ておけば良いでしょうか…?

    朝すれ違った車のナンバーで、なぜかものすごく気にかかります。

    • sally より:

      みいさん>こんにちは^^

      エンジェルナンバーは4桁以上の場合は、3桁ごとに区切って意味を解釈します。

      そのため1144の場合は、『114』と『4』になります。

      1144の意味についての記事を作りました。

      ぜひみいさんもこちらを参考にしてください^^

      1144のエンジェルナンバーの意味

  2. かー より:

    少しずつ分かってきました。
    ありがとうございます!

    • sally より:

      かーさん、良かったです^^

      エンジェルナンバーを頻繁に見るようになってくると、メッセージも理解しやすくなっていますよね^^

  3. michiko より:

    こんにちは。
    時計表示で11:11となっている場合、2ケタとして見るのですか?それとも4ケタとして見て「111」と3ケタで見るのでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    • sally より:

      michikoさん、こんにちは!

      エンジェルナンバーは4桁以上の場合は、3桁ごとに区切って意味を解釈します。

      つまり、1111の場合、『111』と『1』になります。

      しかし、この『More Than Ever』のサイトでは、管理人のサリーが事前に『111』と『1』の意味を織り交ぜた内容を『1111』として紹介しています。

      そのため、michikoさんがこのサイトでエンジェルナンバーを検索される場合は、『1111』のページを開いていただければ、『1111』のメッセージを知ることができます。

      • michiko より:

        お返事が遅くなって申し訳ありません。
        なるほど、わかりました!ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ